利用案内

豊実(ほうじつ)児童発達支援・放課後等デイサービス 利用案内  


第 1 項 (事業の目的)
株式会社大実ケアサービスの設置経営する豊実児童発達支援・放課後等デイサービス(以下「事業所」という。)が行う指定児童発達支援・放課後等デイサービス事業(以下「事業」という。)の適正な運営を確保するために、人員及び管理運営に関する事項を定め、事業所の従業者が、通所給付決定保護者(以下「保護者」という。)及び障がい児に対し、適正な指定児童発達支援・放課後等デイサービスを提供することを目的とする。 


第 2 項 (運営の方針)
1. 事業所の従業者は、障がい児が生活能力の向上のために必要な訓練を行い、及び社会との交流を図ることができるよう、当該障がい児の身体及び精神の状況ならびにその置かれている環境に応じて、適切かつ効果的な指導及び訓練を行うものとする。
2. 事業の実施に当たっては、都道府県、関係市町、障がい福祉サービスを行う者、児
童福祉施設その他の保険医療サービスまたは福祉サービスを提供する者との密接な連
携を図り、総合的なサービスの提供に努めるものとする。
3. 前2項のほか、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)及び法に基づく指定通所支援の事業に係る申請者の要件並びに人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例(大分県条例第68号)、その他関係法令等を遵守し、事業を実施するものとする。

第 3 項 (事業所の名称等)
1. 名称   豊実(ほうじつ)児童発達支援・放課後等デイサービス
2. 所在地  大分県宇佐市大字法鏡寺996-15

第 4 項 (従業者の職種、員数及び職務の内容)
1.  事業所に勤務する従業者の職種、員数及び職務内容は、次の通りとする。
・管理者1人(常勤職員)
管理者は、事業所の従業員及び業務の管理と、その他の管理を一元的に行うとともに、
従業者に運営に関する基準を遵守させるために必要な指揮命令を行うものとする。
・児童発達支援管理責任者1人(常勤職員)
児童発達支援管理責任者は、児童発達支援・放課後等デイサービス計画の作成業務のほか、常に障がい児の心身の状況、その置かれている環境等の把握に努め、障がい児またはその家族に対し、その相談に適切に応じるとともに、必要な助言その他の援助を行う。また、他の従業者に対する技術指導等のサービスの内容の管理等を行うものとする。 
  ・指導員5人(常勤職員4人、非常勤職員1人)
指導員は児童発達支援・放課後等デイサービス計画に基づき、保護者及び障がい児に対し適切に指導等を行う。
  ・看護師1人(常勤職員) 
看護師は児童発達支援・放課後等デイサービス計画に基づき、利用者の疾病に対し適切な対処と処置を行う。

第 5 項 (利用日及び利用時間)
1. 事業所の利用日及び利用時間、ならびにサービス提供日及びサービス提供時間は、 次 のとおりとする。
・利用日
  年中無休。日曜日から月曜日までの毎日とする。
・利用時間
  授業の終了後から午後8時までとする。休校日は午前9時から午後8時までとする。
・サービス提供日
  日曜日から月曜日までの毎日とする。
・サービス提供時間
  授業の終了後、午後1時から午後7時までとする。休校日は午前9時から午後7時まで。

第 6 項 (指定児童発達支援・放課後等デイサービスの利用定員)
1. 当事業所における利用定員は、各10人とする。

第 7 項 (指定児童発達支援・放課後等デイサービスの内容)
1. 事業所で行う指定児童発達支援・放課後等デイサービスの内容は、次のとおりとする。
  ・個別療育
    療育目標を設定した個別プログラムに沿った個別指導を、1日1時間以上行う。
  ・集団療育
    療育目標を設定した個別プログラムに沿った集団療育を行う。
   
・関係機関との連携
     保健、医療、教育を含めた支援システムを構築し、関係機関と連携を図る。
・健康状態の確認
看護師が利用者の健康に対し適切な対処と処置を行う。
・送迎サービス
  障がいの程度、地理的条件等により送迎を必要とする障がい児については、
必要な送迎サービスを行う。
・相談、助言に関すること
  障がい児及びその介護を行う者の日常生活における介護等に関する相談及び助
言を行う。

第 8 項 (保護者から受領する費用の種類及びその額)
1. 事業者は、指定児童発達支援・放課後等デイサービスを提供した際は、通所給付決定保護者から当該指定児童発達支援・放課後等デイサービスに係る利用者負担額の支払いを受けるものとする。
2.  事業者は、法定代理受領を行わない指定児童発達支援・児童発達支援・放課後等デイサービスを提供した際は、通所給付決定保護者から、当該指定放課後等デイサービスに係る指定通所支援費用基準額の支払いを受けるものとする。
3.  その他の費用の額は、次のとおりとする。
① 送迎に要する費用
     次条に定める通常の事業の実施地域以外の地域に居住する障がい児に対して
自動車を使用して行う送迎に要する費用 
  ・通常の事業実施地域を越えた地点から、片道10キロメートル未満 300円/1回
  ・通常の事業実施地域を越えた地点から、片道10キロメートル以上 500円/1回
 

  
② 前号に掲げるもののほか、指定児童発達支援・放課後等デイサービスにおいて提供される便宜のうち、日常生活において通常必要となるものに係る費用であって、その障がい児の保護者に負担させることが適当と認められる費用
      < 利用料:食事の提供に要する費用 実費(食材料費)>

4. 前二項の費用の支払いを受けた場合は、領収書を交付するものとする。
5. 第二項の費用に係るサービスの提供に当たっては、保護者に対して事前にサービ
スの内容及び費用について文章で説明を行い、支払いに同意する旨の文章に署名(記
名押印)を受けることとする。

第 9 項 (通常の事業の実施地域)
1. 通常の事業の実施地域は、宇佐市、豊後高田市、中津市の区域とする。

第 10 項 (サービス利用に当たっての留意事項)
1. 障がい児が指定児童発達支援・放課後等デイサービスの提供を受ける際は、次に掲げる事項に留意してもらうよう説明を行うものとする。
① 室内の機器使用に当たっては、従業者の指示に従うこと。

第 11 項 (緊急時等における対応方法)
1. 従業者は、指定児童発達支援・放課後等デイサービスの提供を行っているときに障がい児の病状の急変、その他緊急事態が生じた場合は、速やかに医療機関への連絡を行う等の必要な措置を講ずるとともに、管理者に報告するものとする。

第 12 項 (非常災害対策)
1. 指定児童発達支援・放課後等デイサービスの提供中に天災及びその他の災害が発生した場合、従業者は障がい児の避難等適切な措置を講ずる。また、防火管理者は、非常災害に関する具体的な計画を立てて、従業者に周知徹底を図るとともに、避難経路及び協力機関等
との連携方法を確認し、災害時には避難等の指揮をとる。また、非常災害に備えるた
め、避難、救出その他必要な訓練を定期的に行うものとする。

第 13 項 (契約時の文章の交付)
1. 保護者及び障がい児に対して、運営規定の概要、勤務体制、その他重要事項を記し
  た文章を交付して説明を行うものとする。
2. 契約締結に際しては、提供する指定児童発達支援・放課後等デイサービスの内容、苦情受付窓口等を記載した文章を交付するものとする

第 14 項 (サービス提供の記録)
1. 指定児童発達支援・放課後等デイサービスを提供した際は、その提供日、内容、実績日数、利用負担額その他必要な事項を記録し、その完結の日から5年間保存するものとする。

第 15 項 (勤務体制の確保等)
1. 管理者は、従業者の勤務の体制を定めるとともに、従業者の資質の向上を図るための研修の機会を次のとおり設けるものとする。
  ・採用時研修  採用後3か月以内
  ・継続研修   年2回

第 16 項 (衛生管理)
1. 従業者の清潔の保持及び健康状態について必要な管理を行うとともに、事業所の設備及び備品等について衛生的な管理に努めるものとする。

第 17 項 (重要事項の掲示)
1. 事業所の見やすい場所に、運営規定の概要、勤務体制、その他重要事項を掲示するものとする。

第 18 項 (秘密保持)
1. 従業者は、正当な理由なく、その業務上知り得た障がい児またはその家族の秘密を第三者に漏らしてはいけない。
2. 従業者であった者に、業務上知り得た障がい児またはその家族の秘密を保持させるため、従業者でなくなった後においてもこれらの秘密を保持すべき旨を、従業者との雇用契約に明記する。

第 19 項 (苦情解決)
1. 指定放課後等デイサービスの提供に対する保護者及び障がい児からの苦情に迅速
かつ適切に対応するため、相談窓口の設置と、その他必要な措置を講ずるものとする。

第 20 項 (事故発生時の対応)
1. 障がい児に対するサービスの提供により事故が発生した場合には、速やかに県、市町、当該障がい児の家族等に対して連絡を行うとともに、必要な措置を講じる。
2. サービスの提供に伴って当事業所の責めに帰すべき事由により賠償すべき事故が発生した場合には、速やかに損害賠償を行う。
3. 当事業所は、前項の損害賠償のために損害賠償責任保険に加入する。

第 21 項 (虐待防止のための措置に関する事項)
1. 指定児童発達支援・放課後等デイサービスの提供に対する障がい児の人権擁護・虐待の防止等に対応するため、責任者の設置、相談窓口の設置等、苦情解決対背の整備、成年後見制度の利用支援、職員に対する研修、その他必要な措置を講ずるものとする。

第 22 項 (その他)
1. この利用案内に定める事項のほか、運営に関する重要事項は、株式会社大実ケアサービスと事業所の管理者との協議に基づいて定めるものとする。
2. この規程は、平成27年12月18日から施行する。



 事業者  (株)大実ケアサービス

  名称 : 豊実児童発達支援・放課後等デイサービス
  施設長 : 田口  和昭
  住所 : 大分県宇佐市大字法鏡寺996-15
        電話 FAX : 0978-37-3232